むちうち治療の方法|整体で交通事故治療!リラクゼーション施設も利用できる|Chiropractic.com

交通事故治療の方法や流れ!後遺症のランキングも紹介

むちうち治療の方法

男女

患部を安静に

福山では交通事故治療として、むちうち治療を受ける方が多いのです。交通事故に遭った方の多くが、ムチウチに悩んでいます。基本的に安静にしておくことが大切となるでしょう。交通事故に遭った日から、2週間程は患部の炎症を抑える治療を施します。基本的に、患部の炎症が治まってからでないと本格的な治療を受けることができないのです。焦ってしまうと、余計に症状を悪化させてしまう恐れがあります。まずは、患部の炎症を抑えることに集中しましょう。

緊張を和らげる

むちうちの場合、筋肉が緊張状態になっていることが原因で痛みが発生することが多いでしょう。整骨院ではマッサージなどで筋肉の緊張を和らげます。こうすることで、筋肉が原因の痛みを抑えることができるのです。また、筋肉の柔軟性を取り戻すことができるでしょう。筋肉の柔軟性が良くなると、血行も改善します。より、痛みを和らげることができるのです。さらに、有酸素運動をすることで、治療の効果が高まります。筋肉をしっかりとほぐすことができるでしょう。

整骨院での治療の流れ

受付と問診

基本的にまずは、整骨院での受付を行ないます。事故に遭われた日や、状況について説明しましょう。事故の状況を把握することによって、治療の計画が立てやすくなるのです。また、問診では症状や悩みについて聞かれることになるでしょう。

診察と説明

事故の状況や症状について問診した後は、診察を行ないます。専門の医師による診察で、痛みの原因を特定することができるでしょう。また、治療方法についての詳しい説明も行ないます。きちんと説明を聞いておくようにしましょう。

治療を開始

治療の説明が終わったら、いよいよ施術を行ないます。基本的に関節を矯正したり、筋肉のマッサージを行なうでしょう。また、このような治療は炎症が治まってから施します。そのため、患部の状態を見極めながら治療を開始するのです。

アフターケア

むちうち治療は、完治に3ヶ月から6ヶ月程の時間が掛かると言われています。また、アフターケアも大切になるでしょう。ストレッチの方法などを教えてもらいます。リハビリも必要となってくるでしょう。体の状態に合わせて、必要なケアを施すのです。

主な後遺症ランキング

no.1

頚椎捻挫

頚椎捻挫が1位にランクインしています。頚椎や筋肉、軟骨や筋などが損傷することによって痛みが出るのです。場合によっては、神経などにもダメージを与えてしまいます。慎重に対処する必要があるでしょう。

no.2

脊椎捻挫

脊椎捻挫は2位にランクインです。むちうちの場合、70パーセントから80パーセント程の確率で、脊椎捻挫を引き起こしてしまいます。無理に動かすのは危険でしょう。ただ、症例も多いので、治療しやすい後遺症とも言えます。

no.3

根症状型

3位には根症状型がランクインです。頚椎が変形してしまうと、神経が圧迫されてしまうでしょう。これにより、鈍痛が発生するのです。根症状型の場合、手足にも影響が出てしまします。末端神経の痺れや麻痺が懸念されるでしょう。

no.4

バレ・リュー症状型

4位にランクインしたのはバレ・リュー症状型です。頭痛が特徴の後遺症と言えるでしょう。交感神経が損傷してしまうことによって、頭痛が発生するのです。めまいや吐き気などが現われることもあるでしょう。

no.5

脊椎症状型

5位に脊椎症状型がランクインしています。下肢の痺れなどを引き起こしてしまう後遺症です。基本的に脊髄がダメージを負うことで発症します。膀胱直腸障害などが起こる可能性もあるでしょう。これは稀に起こる症状です。

広告募集中